中学受験で、親が子供の勉強以外で気をつけること

中学受験を子供に経験させ、子供に勉強を促す以外で、気をつけるべきだと感じたことを以下に書きたいと思います。
まず、子供の同級生の保護者や、教師に気を使うことです。同級生の保護者については、自分の子供が不出来なら良いのですが、周囲よりも出来が良かった場合、やっかみを言われたり、面倒な場合は、その保護者から小言を受けた同級生の子供から、自分の子供が意地悪をされたりしますので、基本的に愛想良く、かつ、面倒そうな人には極力関わるのを避けましょう。また、教師への対応はそれ以上に大切です。中学受験の場合、ほぼ必ず内申書の提出が求められるので、いくら勉強ができても内申書で悪い印象を与えては、台無しになりかねません。くれぐれも気をつけてください。
次に、適度に息抜きの機会を子供に与えることも大切です。場合によっては勉強の邪魔をしても良いので、どこかに連れて行ったり、友人と遊びに行かせるのも良いでしょう。一番いけないのは、好きなことを取り上げ、何もかも禁止することです。ただし、ゲームは百害あって一利なしなので、極力させないようにするか、小さい頃から持たせないようにするのが良いかと思います。"
詳細はこちら(⇒http://www.getsavvyevents.com)のサイトで知ることができます。